エネルギー医学の最前線

エネルギーの医学の専門家の目線で、ホリスティックにいのちと暮らしについて綴ります。https://energymedicine-magazine.jimdo.com

有料版 バックナンバー紹介

【有料版】vol.212「エネルギーとしてのドラゴン」渡辺奈津(2019年5月)

まあ、私自身「龍」というものにかなり翻弄された人生でした。 というか、取扱説明書とかもないですからね。 この場合実在する「龍」「ドラゴン」と考えられてもいいですし、空想、イメージ上のものと思われてもよろしいでしょうし、そんなもの存在しないと…

【有料版】vol.211「ハートのエネルギー」戸田美紀(2019年5月)

前回まで、ジェームズ・オシュマン博士の「エネルギー医学の原理」から、オシュマンが考えるエネルギー医学の原理を支えるいくつかの視点を紹介してきました。エネルギー医学の原理を、少し別の角度から説明付けている研究機関があります。米国カリフォルニ…

*有料メルマガの新規登録キャンペーン中!(10月末まで)*

*有料メルマガの新規登録キャンペーン中!(10月末まで)* 10月中に、 有料メルマガ『エネルギー医学の最前線』(通常版)の新規購読申込をされた方に、 8、9月の2ヶ月分のバックナンバー(1296円分)PDFをもれなくプレゼント!! 10月の1ヶ月分(648円)…

【有料版】vol.143「『エネルギー医学の原理 その科学的根拠』解説 その6 組織特有の波動と「同調化」による治療」降矢 英成 (2017/12月配信)

オシュマン博士は「自然界においては、どんな現象にも固有のリズムが認められる」と説明し、例えば、もっとも短いリズムの象徴が原子や原子以下の粒子で、1秒間に1兆回という周期で振動しているわけです。 これは1テラヘルツという単位になり、ガンの治療…

【有料版】vol.142「エネルギーセラピーのセラピストになるということ --経営者であれ~エネルギー経営学vol.2」寺岡 里紗(2017/12月配信)

11月下旬に1週間ほど、ドイツのエネルギー医学系のデバイスのカンファレンスとトレーニングに参加してきました。 その中の登壇者の1人であるビジネス分析のトップリーダーであるクリスチャン・バンド氏による初の英語トレーニングが開催されたので(これま…

【有料版】vol.141「『秘教治療』~これまでの総まとめ と これからの執筆予定」神尾学(2017/12月配信)

私の担当記事では一貫して、「エネルギー医学の原点かつ原典」とも言えるアリス・ベイリー著『秘教治療』(原著タイトル“Esoteric Healing”)の紹介を続けてきました。 今回で36回、丸3年経つわけですが、前回までで上巻にある「第1部 病気の根本原因」の紹…

【有料版】vol.140 渡辺 奈津 -35-「ホログラム治療など」(2017/11月配信)

【ホログラム治療など】 最近いろいろトライしている治療法は、 ホログラム治療、情報ダウンロード、風水、御札(神符)治療などでしょうか。 波動医療機器も使っています。 ひとつひとつ説明してみます。 風水は耳にされている方も多いと思います。 ドクタ…

【有料版】vol.139 降矢 英成 -35-「エネルギー医学の原理 その科学的根拠』解説(その5 生体磁気を活用した治療法)」(2017/11月配信)

■35.『エネルギー医学の原理 その科学的根拠』解説(その5 生体磁気を活用した治療法) 今まで、生体のエネルギーの伝達の媒体を「生体マトリックス」という総称でとらえて紹介してきました。 具体的には、細胞の外では膠原線維や弾性線維などのタンパク質…

【有料版】vol.138 寺岡 里紗 -35-「エネルギーセラピーのセラピストになるということ ー経営者であれ~エネルギー経営学 vol.1」(2017/11月配信)

【エネルギーセラピーのセラピストになるということ ー経営者であれ~エネルギー経営学 vol.1】 さて、いよいよ「エネルギーセラピーのセラピストになるということ」も終盤となってきました。 最後のテーマは「経営者であれ」です。 次号は今年最後となるの…

【有料版】vol.137 神尾 学 -35-「病気の究極の根本原因~七つの光線別のカルマの原因(各論)」(2017/11月配信)

【35. 病気の究極の根本原因~七つの光線別のカルマの原因(各論)】 私の担当記事では、「エネルギー医学の原点かつ原典」とも言えるアリス・ベイリー著『秘教治療』(原著タイトル“Esoteric Healing”)の紹介を続けています。 メルマガで予定している連載…

【有料版】vol.135 降矢 英成 -34-「『エネルギー医学の原理 その科学的根拠』解説(その4 固層生化学)」(2017/10月配信)

さて、前回は、生体であっても、電気や電子が流れる ~つまり、生体は伝導体的な性質を持つのだという知見を確認しました。 しかし、現在の医学においては、そのような知見はあまり紹介されていないわけですが、その理由はベースになる生物学、細胞学が物質…

【有料版】vol.134 寺岡 里紗 -34-「エネルギーセラピーのセラピストになるということ -サポーター- vol.2」(2017/10月配信)

今日のテーマは前回に引き続き「サポーターを作る」です。 皆さんは「グローバル・コンシャスネス・プロジェクト」(世界意識計画)をご存知でしょうか? このメルマガで以前ご紹介しているので、ご存知の方もいると思いますが、プリンストン大学のロジャー…

【有料版】vol.133 神尾 学 -34-「34. 病気の真の根本原因~七つの光線別のカルマの原因(概論)」(2017/10月配信)

【34. 病気の真の根本原因~七つの光線別のカルマの原因(概論)】 私の担当記事では、「エネルギー医学の原点かつ原典」とも言えるアリス・ベイリー著『秘教治療』(原著タイトル“Esoteric Healing”)の紹介を続けています。 メルマガで予定している連載全…

【有料版】vol.132 渡辺 奈津 -33-「自分でできる、身近な変容の手段」(2017/9月)

【自分でできる、身近な変容の手段】 まずは、自分でできる、身近な変容の手段について考えてみました。 外部からヒーリングを受けるとか、なんらかのエネルギー治療を受ける、またそういうものが転写、搭載された物質を摂取したり、身に着けたりする。 自分…

【有料版】vol.131 降矢英成 -33-「『エネルギー医学の原理 その科学的根拠』解説 ~その3」(2017/9月)

■33.『エネルギー医学の原理 その科学的根拠』解説 ~その3 生体の「電気回路」 さて、前回は「エネルギー医学のパイオニア」とも称されるハロルド・サクストン・バー博士の業績をご紹介しましたが、バーはガンなどの病気になると、「細胞に電気的な変化が…

【有料版】vol.130 寺岡里紗 -33-「エネルギーセラピーのセラピストになるということ - サポーター - vol.1」(2017/9月)

【エネルギーセラピーのセラピストになるということ - サポーター - vol.1】 エネルギーセラピストとして「信じる」ことがとても重要であることを前号でお話ししました。 信じることが出来るようになると、不思議なことに必ずサポーターが「登場」します。 …

【有料版】vol.129 神尾 学 -33-「個人レベルのカルマ的問題」(2017/9月)

【33. 個人レベルのカルマ的問題】 私の担当記事では、「エネルギー医学の原点かつ原典」とも言えるアリス・ベイリー著『秘教治療』(原著タイトル“Esoteric Healing”)の紹介を続けています。 メルマガで予定している連載全体全体の中での位置づけとして、…

有料版「エネルギー医学の最前線」メルマガ・7月の配信を一部ご紹介

今日は、現在配信中の、有料版「エネルギー医学の最前線」メルマガ・7月の配信から、冒頭部分を一部ご紹介します。 - - - - - - - - - - - - ★今なら6000円以上相当のバックナンバーが無料でもらえます!★ 7、8月はメルマガ登録プレゼントキャンペーン実施中…

【有料版】vol.109「魂から肉体までのエネルギー・ルートと病気・治療のまとめ」神尾 学(2017/4月)

今日は、まず最初にお知らせから・・・昨年7月にホリスティックヘルスケア研究所を定年退職し、フリーとして活動しておりましたが、この度、私の活動を紹介する新サイト「エソテリック・サイエンス」を立ち上げました。http://www.esotericscience.jp/私の取…

【有料版】vol.108「怪しい話」渡辺 奈津(2017/3月)

ホメオパシーを含む波動医療をしていて、結局避けて通れない感じのものに「霊障」という言葉があります。「霊障」と医療、または精神科医療については詳細に述べられた本も出版されているかと記憶するので、それを読んでくださるとよろしいかと思いますが、…

【有料版】vol.107「エネルギー」の「情報転換」による医療モデル 降矢 英成(2017/3月)

さて今回は、まず奥博士による「物理学から見たスピリチュアリティ」についての見解から学んでみたいと思います。最初に整理しておきたいのが、この「スピリチュアリティ」という言葉についてです。何となく用いている言葉だとは思いますが、実は、その意味…

【有料版】vol.106「エネルギーセラピーのセラピストになるということ ー 決断 ー vol.2」寺岡里紗(2017/3月)

3月は春のエネルギーがボディ・フィールドにも反応し始める季節です。私たちのエネルギーは、天体、季節、昼と夜など、常に自然にサイクルに影響を受けています。春の陽気といいますが、言葉のとおり春は陽の氣エネルギーが活発になる季節です。冬は、体自体…

【有料版】vol.105「7つの主要チャクラに関する具体論」神尾 学(2017/3月)

私の担当記事では、「エネルギー医学の原点かつ原典」とも言えるアリス・ベイリー著『秘教治療』(原著タイトル“Esoteric Healing”)の紹介を続けています。今回は、前回に引き続き、人間をエネルギー・システムとして捉えたときに、エーテル体で最も重要な…

【有料版】vol.104「映画におけるエネルギー医学」渡辺 奈津 (2017/2月)

「バック・トゥー・ザ・フューチャー」や、ほか多数映画で、未来、現在、過去がつながったり、自由に行き来できたり・・・ヒーローもの映画でもそのような表現のものが昔からありましたが、最近は 幻想とか夢物語としてのお話ではなく、かなりリアルな次元で…

【有料版】vol.103「奥博士による「意識」のとらえ方」降矢 英成 (2017/2月配信)

さて、前回より、奥健夫博士の『意識情報エネルギー医学』(エンタプライズ刊)から重要なテーマを学んでいますが、今回は「意識」という重要なテーマについて、奥博士がどのようにとらえていらっしゃるのかをみていきたいと思います。まず、奥博士は、「意…

【有料版】vol.102「エネルギーセラピーのセラピストになるということ ー決断ー vol.1」寺岡里紗 (2017/2月配信)

トランプ氏が米国大統領に就任し、英国がブレクジットでEU離脱に動き出す2017年。世界的にはどんな年となるのでしょうか?グローバル経済から保守的な内向きのエネルギーのベクトルが向かう先はどこなのでしょうか?日本人の多くは、海外の動向について無頓…

【有料版】vol.101「今まで秘されていたチャクラ情報の開示」神尾 学 (2017/2月配信)

私の担当記事では、「エネルギー医学の原点かつ原典」とも言えるアリス・ベイリー著『秘教治療』(原著タイトル“Esoteric Healing”)の紹介を続けています。メルマガで予定している連載全体全体の中での位置づけとして、今日お届けするのは、第4章「人間にお…

【有料版】vol.100「密教治療について」 渡辺 奈津 (2017/1月)

弘法大師空海の言葉に、『四大の不調を治すには医者に見せて薬を呑むのが一番よい。鬼にたたられた病のときは陀羅尼(真言のこと)を唱えて祈祷するに限る、悪業による病を取り除くには、懺悔をして過去の過ちを悔い改めねば治らぬ』というものが、あります。…

【有料版】vol.99「奥健夫博士が提唱する「生命エネルギー」とは」 降矢 英成 (2017/1月)

さて、「エネルギー医学」というテーマを深めていくときには種々の要素が重要になりますが、その中でも中心のひとつとして挙げられるのが「生命エネルギー」という視点でしょう。「生命エネルギー」というのは「物理エネルギー」とか「運動エネルギー」など…

【有料版】vol.98「エネルギーセラピーのセラピストになるということ」寺岡 里紗(2017/1月)

みなさま、新年明けましておめでとうございます。2017年の引き続きのご購読に感謝します。このメルマガも早2年となりました。3年目に入る今年の内容は理論的なことばかりではなく、「セラピストとして、あるいは医療従事者として、エネルギー医学を現場で…