エネルギー医学の最前線

エネルギーの医学の専門家の目線で、ホリスティックにいのちと暮らしについて綴ります。https://energymedicine-magazine.jimdo.com

メルマガ「エネルギー医学の最前線」ブログへようこそ

 

「エネルギー医学の最前線」公式サイト

 

有料版「エネルギー医学の最前線」はこちら

 

有料版バックナンバー配信はこちら

 

無料版「エネルギー医学の最前線」はこちら

 

執筆者プロフィールはこちら


 

【無料版】 vol.60 鷲巣 誠「身近にあるエナジーメディシン」(2018/7月配信)

 

 

6月に隣接する公園を歩いていると10mぐらい木から気持ちの良い香りが漂っていた。

 

小さな可憐な花を手に取り香りを改めて嗅いでみるとハートから頭頂に抜けるエネルギーであったため、花を両手いっぱいぐらいそっと頂いてきて新鮮なうちにガラス瓶にいれてエチルアルコールで浸漬しました。

 

フラワーエッセンスのエネルギーの採取の仕方は水の上に花を浮かべて太陽光でエネルギーを転写させるのですが、花の持っているすべてのエネルギーとアルコール溶出できるすべての成分を抽出する為にエチルアルコール法は便利です。花とアルコールの入った瓶は太陽光に晒して太陽光パワーも注入します。

 

 

 1か月ぐらい後に同じ木の前を通ったら沢山の実が着いていました実のエネルギーチェックをすると第1から第4チャクラにエネルギーが入ります。

 

そこでまた実を頂いてアルコール抽出をしました。そして前回の花と実の抽出液を混ぜると第1から第7チャクラに至るエッセンスが出来上がりました。

 

花と実の抽出液がそれぞれ500mlぐらいあるので、エナジーメディシンに使用するには十分な量が確保でき、様々な状況で混合液を頭からスプレーしたりして楽しんでいます。

 

この木の名前が分かりませんでしたが、調べてみるとケンポナシという木で肝臓機能改善など様々な機能がある木であることが判明してびっくりしました。

 

 

 中医学の古典的な本を見ると漢方薬に使用する薬草の機能の項目に“帰経”があり、肝、腎あるいは肺とかという記載があります。これはその薬草がどの臓器にエネルギーが巡る・届くかという事を意味しています。古代のヒトは薬用か否か自分の感性で判断して必要な臓器の治療に処方していたのです。

 

今でも我々の身の回りにも様々なエネルギーを持った植物が存在し我々に気づいてもらうのを待っているかもしれません。感性を働かせて草木とエネルギーの交換をすると楽しいエナジーメディシンができます。

 

 

 

 

 

 

鷲巣 誠(わしず まこと)

 

静岡県静岡市出身、獣医師、Ph.D (University California Davis:1986). 元ザンビア大学獣医学部外科教授、元岐阜大学教授、現アニマルウエルネスセンター(西東京市)
関連学会:比較統合医療学会理事、日本医療・環境オゾン学会理事、American Holistic Veterinary Medical Association会員
専門分野:(表:獣医外科学軟部外科;肝臓外科;現役退官)(裏:獣医伝統医療、エナジーメディシン、音叉療法、オゾン療法、NESメタトロン療法、シャーマニックプラクティショナー、クリスタルライト療法開発中)

 

 

 

 

∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞


●さらに深く学びたい方は
有料版「エネルギー医学の最前線」メルマガがオススメです
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com


∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞


●有料版 vol.1から学びたい方はこちら●
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com


∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞

【無料版】 vol.59 伊東 充隆「災難をのがるる妙法」(2018/7月配信)

 

 

 

今年は地震や大雨をはじめ大小様々な災害が起きています。

災害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 


「災難に遭う時節には災難に遭うがよく候、死ぬ時節には死ぬがよく候、

是はこれ災難をのがるる妙法にて候」

 

この言葉は、良寛和尚が大地震の災難に遭った友人に送った手紙に記されているものです。

 

 ここでは、この文章の印象や是非などを論ずるつもりはありません。

良寛さんが伝えてくれている正に妙法の在処を見つけるこつのお話しです。

 

 


 この文章の解説でよく出てくるのが、あるがまま、すでに起こってしまったことに抵抗せずに受け入れること。

 

そこで、あるがままの学び、すでに起こってしまったことを抵抗せずに受け入れよう~と実践します。しかし、ちゃんと実践してみたら分かることがあります。

 受け入れられたり、受け入れられなかったり。許せたり、許せなかったり。

手放せたり、手放せなかったり・・・

 


 そこで、出来ない自分を責めたり、卑下したりしようものなら、更なる自己災難に遭ってしまいます。これはとても皮肉なことです。

 


受け入れよう~、許そう~、手放そう~、あるがままでいよう~。

何であれ、やろう~とする「やり手」の私が登場した先に妙法は発見できません。

それはやり手が登場する手前、背景に常に在ります。

 


 そう言うとまた、それを知ろう、探そうとしますが、それもまたやり手。

とりあえず、ちょっとした災難、イラッとしたり、抵抗感を感じた時に、

良寛さんに習って、イラっとした時にはイラッとすればよく候。と言ってみて下さい。その瞬間の・・・何か。

 

 

 

 

 

 

●「青空禅塾」のご案内

 

自己の本質である青空意識に気づき、それを深めていくための単発講座です。

禅の知恵、量子物理学、医学、心理学などの様々な視点から、

エネルギーの本質をシンプルに分かりやすくお伝えしています。

また、広島ではマインドフルネス瞑想を各自が無理なく日常生活に取り入れられる

ようにする実践的なワークショップ「マインドフルネス ハック」を開催いたします。

9月には絶景で知られる美しい角島(山口)で2泊3日のリトリートを開催します。

日常から離れて、深くリラックスしながら静かに本質に触れる3日間を過ごしましょう。

 

 

〈東京〉

・8月5日(日) @プロトマニア(九段) 13:00~17:00

・9月2日(日) @プロトマニア(九段) 13:00~17:00
・10月7日(日) @プロトマニア(九段) 13:00~17:00

http://imedic-art.com/?page_id=1788

 

〈広島〉

・8月19日(日) @横川会館1階ホール 13:00~17:00

・10月21日(日) @横川会館1階ホール 13:00~17:00

http://imedic-art.com/?page_id=1792

 

 

 

●ワークショップ 「マインドフルネス ハック」

・8月18日(土) @横川会館1階ホール 13:30~16:30

http://imedic-art.com/?page_id=360

 

 


●リトリート「すでに青空である」

・9月15日(土)~9月17日(月・祝)@角島(山口)

http://imedic-art.com/?page_id=2088

 

〈大阪〉

・7月22日(日) @サムティフェイム新大阪 13:00~17:00

・8月26日(日) @サムティフェイム新大阪 13:00~17:00

・9月23日(日) @サムティフェイム新大阪 13:00~17:00

 http://imedic-art.com/?page_id=1795

 

 

 

 

 

伊東 充隆(いとう みつたか)

 

医師。東邦大学医学部卒業。東京女子医科大学総合腎臓病センター外科、浜松医科大学第二内科(心身医学)研究生を経て、代替療法と意識の研究のため渡印。帰国後、新世代医療研究所を開設し統合医療を展開。
2005年よりi Medic & Artを開設し意識の全変容(青空意識)をテーマに教育・講演活動、青空意識への気づきコーチングを行なっている。

 

i Medic & Art
http://imedic-art.com/

 

 

 

 

∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞


●さらに深く学びたい方は
有料版「エネルギー医学の最前線」メルマガがオススメです
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com


∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞


●有料版 vol.1から学びたい方はこちら●
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com


∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞

【無料版】 vol.58 溝口 あゆか「前世とエネルギーフィールド」(2018/7月配信)

 

 

EFT(感情解放のテクニック)から発展して生まれたマトリックス・リインプリンティング以下MR)のセッションでは、自発的に前世と思われる記憶が出てくることが非常に多いです。

 

MRでは、記憶や感情、思いなどは脳ではなく、個人のエネルギーフィールドに情報として保存されていると考えます。つまり、集合意識とされる全体の意識に対して、ローカルフィールドと呼ぶ、個人の意識フィールドがあると考えるわけです。例えば、集合意識が大海であれば、一つ一つの渦巻きがローカルフィールドと考え、そのフィールドの中に肉体が現われ、その肉体が消滅しても情報はそのまま残るという説です。

 

つまり、もし肉体が死んでもローカルフィールドの情報がそのままであれば、また新しい肉体が生まれても同じ情報を持つことになり、MRで多くの前世が出てくるのもうなづけます。

 

前世が出てきた一つの例を挙げると、小学校の音楽会でピアノを失敗したという一見他愛もない出来事にMRをしたところ、その出来事が解消されたあとに前世が出てきた例です。(※録画参照)

 

このケースはMRを続けたところ、ナチスドイツ時代にナチの前でピアノを弾かされ、少しでも間違えたら一家もろとも殺されるという記憶につながりました。

 

このように現世のテーマが解決されたあとに、それと関連した前世が出てくることが多く、たいていは死に関わるトラウマであり、なんらかの形で今に影響があるものです。

 

もう一つたまたま録画されたケースは、前世とは断言しがたいかもしれませんが、線維筋痛症の痛みが和らいだあとに、足を切られたという前世の記憶らしいもの出てきました。こちらもご覧になって頂ければ、トラウマの再体験が起きていることが分かると思います。

 

前世やエネルギーフィールドに関しては、まだまだ解明されていませんが、大切なことは、こういった現象をこじつけとかクライアントのでっちあげなどとせず、きちんと検証していくことであろうと思います。

 

とはいえ、セラピーの現場で本当に大切なことは、クライアントさんご本人が楽になっているということですね。

 

 

【小学校での音楽会での失敗から前世の記憶】

www.youtube.com

22分過ぎぐらいから、前世のような話になっていきます。

 

 

【繊維筋通症から前世の記憶】

www.youtube.com

16分位で痛みが和らいだ後、解除反応(再トラウマ)が始まります。

両録画とも録画の前に一般公開の許可を被験者方から得ています。

 

 

 

 

 

溝口 あゆか(みぞぐち あゆか) 

 

早稲田大学第一文学部美術史卒。日本で10年の会社員生活を経て、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ芸術運営学修士号。 Center for Counselling and Psychotherapy Educationにて心理学を学び、心理カウンセラーの資格を取得。JMET代表EFTマスタートレーナー、また日本人唯一のMatrix Reimprinting(EFTを発展させたセラピー)トレーナーでもある。現在、心理カウンセラー&セラピストとして数多くの経験から、イギリスと日本で理論やセラピーのテクニックを教えるコースやセミナーなどを展開。また、「インテグレイテッド心理学」を提唱し、非二元(悟り)の観点からの人間の心のしくみを教えている。

 

オープン・アウェアネス・ダイアローグ
https://ayukablog.wordpress.com/

一般社団法人ハートレジリエンス協会
http://heart-resilience.com/

 

 

 

 

∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞


●さらに深く学びたい方は
有料版「エネルギー医学の最前線」メルマガがオススメです
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com


∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞


●有料版 vol.1から学びたい方はこちら●
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com


∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞

 

 

 

【無料版】 vol.57 降矢 英成「エネルギー医学関連のおすすめ講座」(2018/7月配信)

 

 

7月7~8日には、私ども「エネルギー医学の最前線」 メルマガチームが中心となって実施する「 エネルギー医学フォーラム」が行われます。

 

そして、8月5日には、「感情と器官」の関連性にフォーカスし、 さらにはそこに「エネルギー/情報」 の視点をクロスさせて学ぶ大変貴重な機会があるのをご存知でしょうか。

 

メルマガ執筆陣でもある寺岡里紗氏と、「メタ・ヘルス」 を日本に導入・普及なさっている野波美穂医師のコラボ講座です。

 

 

◎「メタ・ヘルス」と「情報医療」のクロス

 ~感情・情報/ エネルギー・器官の相互関連

 

○「メタ・ヘルスが解き明かす“感情と器官”の関係性」

    日本メタ・ヘルス協会代表/内科医 野波美穂

 

 1970年代にドイツの医師たちが研究した「メタ・ヘルス」 の知見では、“感情”と“器官(臓器)”との関連についてのたい へん詳細な対応表が作成されています。今回は、その関連性について詳しく解説していただくとともに、 臨床医として野波医師がメタ・ ヘルスの知見をベースにどのような臨床をなさっていらっしゃるのかについてもご紹介いただく貴重なレクチャーです。

 

○「感情と器官と“エネルギー/情報”の関係性」

    NES HEALTH JAPAN代表/トレーナー 寺岡里紗

 

 メタ・ヘルスとしてまとめられた知見は、「エネルギー医学/情報 医療」の研究家であったNES HEALTH創始者のピーター・フレーザー氏の目にとまり、 エネルギー/情報の視点からもマッピング作業がなされました。 今回、その詳しいマッピングの実際について、 トレーナーの寺岡氏より解説していただけるたいへん興味深いレクチャーです。

 

○2018年 8月 5日(日)12:30~16:45

 

○ワイム貸会議室四谷三丁目

(新宿区四谷3-12 丸正総本店ビル6F) 

東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅 1番出口 徒歩1分

 

○詳細、申し込み要項は下記サイトで

http://www.holistic-medicine.or.jp/seminar/s_office/entry6642.php

 

 

 私も進行役をさせていただきながら、 大変楽しみにしている講座です。お薦めいたします。

 

 

 

 

 

 

降矢 英成(ふるや えいせい) 

 

赤坂溜池クリニック院長。
東京医科大学卒業。日本心身医学会専門医。NPO法人日本ホリスティック医学協会会長。
医学生時代からホリスティック医学に関心をもち、バイブレーショナル・メディスン、フィールド、生体マトリックス、量子場脳理論などエネルギー医学のメカニズムに関心が強い。

 

赤坂溜池クリニック
http://www.holisticmedicine.jp/clinic.html

 

ホリスティックヘルス情報室
http://holistichealthinfo.web.fc2.com/

 

 

 

 

∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞


●さらに深く学びたい方は
有料版「エネルギー医学の最前線」メルマガがオススメです
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com


∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞


●有料版 vol.1から学びたい方はこちら●
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com


∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞