エネルギー医学の最前線

エネルギーの医学の専門家の目線で、ホリスティックにいのちと暮らしについて綴ります。https://energymedicine-magazine.jimdo.com

メルマガ「エネルギー医学の最前線」ブログへようこそ

 

「エネルギー医学の最前線」公式サイト

 

有料版「エネルギー医学の最前線」はこちら

 

無料版「エネルギー医学の最前線」はこちら

 

執筆者プロフィールはこちら


 

【無料版】 vol.7 矢山 利彦「意識の成長と進化」(2017/7月配信)





人々が物質的価値観を

主として生きる時代から

精神的価値を追究する時代が

見えてきました。

これも

日本と外国とは違っています。

日本では、医師として

統合医療の臨床をする中で、

尋ねてみると20%くらいの方は

精神世界に興味を持っています。

一緒に気功している仲間に尋ねると

50%以上が熱心に

気功以外の学びを求め、

また実行しています。

例えば、

日々の瞑想をかかさないとか、

プロの演奏家では、

音にいかにエネルギーを乗せるかとか、

厳しいビジネスの交渉の場でも

心のエネルギーを使うと

外国人とでもうまく交渉でき、

しかも仲良くなれると言います。



「意識の成長進化」とは

尊敬する天外伺朗さんの

造語のようですが、

これを千二百年前にきちんと提示した

日本の誇る大偉人、

弘法大師空海がおられます。



意識の成長進化の道程を

十の段階にして

「十住心論」

として明確に説かれています。

地図なしに未知の世界に

入っていくのか、

地図があり、その地図も

歴史の力に洗われ、検証された

空海先生がつくられたもの。



そうなると、

これを学ばないことは

大損以外の何ものでもないことになります。

諸外国のスピリチュアルと

言われる分野の情報も

この空海先生の「十住心論」と

比較して読むとわかりやすく、

タメになると思います。



「十住心論」

一、異生羝羊心
「雄羊の心」  
  
                        
二、愚童持斎心
「おろかな心」  
 
                       
三、嬰童無畏心
「おさない心」
 
                         
四、唯蘊無我心
「知識を求める心」
 
                       
五、抜業因種心
「実践開始の心」 
 
                            
六、他縁大乗心
「人に頼られる心」

                            
七、覚心不生心
「心が自分とこの世をつくっていることを知る心」
 
              
八、一道無為心
「この道だと確信し、畏れなき心」 

                      
九、極無自性心
「宇宙の力が心に加わる心」
 

十、秘密荘厳心
「すべてが光り輝いていることを知る心」



 次回はこれをもっと詳しく説明します。

 

【無料版】vol.6 溝口 あゆか「こんにちは!OAD心理セラピストの溝口あゆかです。」(2017/7月配信)





こんにちは!

OAD心理セラピストの溝口あゆかです。

人類は長い間、

世界や人間を物質の塊りとして

捉えてきたでしょう。

ずっしりと大地、山、

そして空を流れる雲も、

青い海もすべて質量があり、

自分の体を見ても

分離した固体としか見えないのも

うなづけます。

しかし、近年は量子学が指し示すように、

すべてはエネルギーであり、

分離などどこにもないという

「物質からエネルギーへ」という

大きな世界観の転換期に

来ているかもしれません。

人間は臓器からなる

分離した固体(物質)ではなく、

環境やあらゆるものとつながった

流動的なエネルギー体であったら? 



例えば、

ある人が欝になった場合、

脳という物質を見るだけではなく、

何がその人の生命として

エネルギーを抑圧し、

緊張させ、下降したままに

させているのか?

という観点でも

見てみるとどうでしょうか?

そこには脳だけを見ていては

見過ごしてしまう、例えば

抑圧された感情の蓄積の作用などが

見えてくるはずです。




現在、

感情や思いが与える

身体の影響についての

科学的な研究は

すでに多くさなれています。


しかし、感情や思いも

エネルギーであることが

理解されれば、

それらの研究はまたさらに

進むことでしょう。

私自身は、

エネルギー心理学に分類される

EFT(Emotional Freedom Technique感情解放のテクニック)

とその発展バージョンの

マトリックス・リインプリンティング

というセラピーをよく使用します。

個人セッションから、

東北や熊本での被災地まで

多く使用していますが、

その変化の速さと恒久性に

いつも驚かされます。




そんな経験を重ねるたびに、

ほんとうに

すべてはエネルギーだなぁ

とつくづくと思うのです。

 


※OAD(オープン・アウェアネス・ダイアローグ)の詳細はこちら

【無料版】 vol.5 降矢 英成「皆さま、こんにちわ。」(2017/7月配信)

 

 


皆さま、こんにちわ。

降矢英成(ふるやえいせい)と申します。

 

私は、東京・赤坂溜池クリニックにて

心療内科医を生業として従事しております。

 

とともに、幸運なことに

NPO法人日本ホリスティック医学協会の設立に、

医学生の時に関わらせていただき、

今は不肖ながら

会長を務めさせていただいております。



私の「エネルギー医学」との関わりは、

リチャード・ガーバー博士の名著

『バイブレーショナル・メディスン』

といえます。

アメリカの現役の循環器内科(おそらく)

の医師が、なんと30歳代前半で、

エネルギー医学に関する

あのような大著を書き上げ、

かのアンドルー・ワイル博士を

上野圭一氏に

「何でガーバーの本を翻訳しないんだ」

と言わしめた、あの名著です。

そして、その後、

帯津良一先生が監修を務められた

ジェームズ・L・オシュマン博士の

『エネルギー医学の原理 その科学的根拠』

にも巡りあい、

ますます関心を強くしました。

とはいえ、この2冊の内容は、

最先端科学・量子物理学の知見も含まれており、

最初はあまり理解できずに、

残念な思いをしておりました。

(この2冊に対して、

同じ思いの方も少なくないと思います)

そのとき、

日本ホリスティック医学協会の中に

「エネルギー医学」に関する

スピエネット
スピリチュアリティ&エネルギーケアネットワーク)

という活動が始まり、

いよいよ量子物理学に

足を踏み入れる契機ができたのです。


このメルマガでは、

そこで学ぶことができた知見を

順次ご紹介していきたい

と思っておりますが、

まずは

「エネルギー医学フォーラム」(7/8~9)

をご紹介したいと思います。(スタッフ注 ※2017/6月配信)

 


名作『祈り』を上映しながら、

「祈りとエネルギー医学」というテーマで、

シュタイナーや

エドガー・ケイシーにみる

「祈り」の視点も学んでいきます。



ぜひ、ご一緒に学びましょう。

http://www.holistic-medicine.or.jp/seminar/s_office/entry5230.php

 

【無料版】 vol.4 根本 泰行「皆さま、初めまして!」(2017/6月配信)

 



今回、「エネルギー医学の最前線」の執筆に


初めて関わらせて頂きます


オフィス・マサル・エモト代表の


根本泰行と申します。




現在トルコのイスタンブールに来ております。(※配信時)


イスタンブールは、


ボスフォラス海峡を挟んで、


ヨーロッパ側とアジア側の


2つの地域にまたがっていますが、


そのアジア側にある


ペンディックという町にある


ホテルに滞在しています。





目の前にはマルマラ海が広がっています。


遙か彼方まで続く、


さざ波に揺れる海面を眺めていると、


地球が水の惑星であることを実感します。




明日の夏至の日から3日間、


このホテルの会議場で、


「ワールド・ブラザーフッド・ユニオン・メブラーナ・シュプリーム財団」


という名前の組織の主催による


イベントがあり、私はこのイベントで


講演者の一人として、


講演を行うことになっています。




講演の内容は


「『水からの伝言』と『新しい水の科学』」


であり、『水からの伝言』とは


故・江本勝会長が1999年に出版した


水の結晶写真集のことです。





水からの伝言』では、


水にさまざまな想念や感情、


祈りなどを送った後、水を凍らせて、


その結晶構造を観察してみると、


「ありがとう」などのポジティブな情報を


送った時には美しい形となるけれども、


「ばかやろう」などの


ネガティブな情報を送った時には


綺麗な結晶構造ができないようだ、


ということを示しています。


別の表現を使えば、


「水が情報を記憶する可能性」


について、訴えています。




科学の世界では、


こうした事柄はなかなか


受け入れられなかったのですが、


幸いにして過去7年~8年くらいの間に、


世界のトップレベルの科学者たちから、


「水が情報を記憶する可能性」


についての「仮説」や「証拠」が


提示されてきました。





そこで当メルマガでは、


エネルギー医学を考える上でも


極めて重要な『新しい水の科学』について、


分かり易い形で、


少しずつ解説をしていきたいと


考えています。




よろしくお願いいたします。