エネルギー医学の最前線

エネルギーの医学の専門家の目線で、ホリスティックにいのちと暮らしについて綴ります。https://energymedicine-magazine.jimdo.com

メルマガ「エネルギー医学の最前線」ブログへようこそ

 

「エネルギー医学の最前線」公式サイト

 

有料版「エネルギー医学の最前線」はこちら

 

有料版バックナンバー配信はこちら

 

無料版「エネルギー医学の最前線」はこちら

 

執筆者プロフィールはこちら


 

ヒーリングタッチ講座、募集が始まりました!

 

 

ヒーリングタッチ入門ワーク

参加申込み受付中!

 

日時:2018年7月14日(土) 13:30~16:00

場所:東京都港区青山いきいきプラザ

詳細は、NPO法人日本ヒーリングタッチ協会のWEBサイトへ!

healingtouch.or.jp

 

ヒーリングタッチの基礎と3つのテクニックを楽しく学ぶ、 盛りだくさんの2時間半。この入門ワークで学んだだけで、エナジーチャージへ一歩踏み出せます!

ご興味ある方、お待ちしております。

 

 

 

ヒーリングタッチ·ベーシック:ヒーリングタッチの基礎

受講申込み受付中!

 

日時:2018年7月28日(土) - 29日(日) 9:30~19:00  (全2日)

会場:東京·神田

講師:戸田美紀(HTI認定ヒーリングタッチ· インストラクター)

 


ケアもセラピーも、エネルギーワークも全く初めて、 という方にもとても分かりやすく、お勧めです。また、セラピストの方、他のセラピーを学んだ方にも、エネルギーケア、ホリスティックケアの基礎を深められることでしょう。

 

 

 

ヒーリングタッチ·アドバンスI:エネルギーパターンと臨床への応用

受講申込み受付中!

 

日時:2018年9月29日(土) - 30日(日)  9:30~19:30  (全2日)

会場:東京·入谷

講師:サラ·E·ポーター博士(看護師、HTI認定ヒーリングタッチ· インストラクター)*逐次通訳付き

インテイクインタビューのスキルを学び、クライアントをホリスティックにアセスメントをし、エネルギーフィールドのパターンを見極め、その再パターン化を助けるテクニックを習得します。

 


ご興味ある方、お待ちしております。

 

 

 

詳細は、NPO法人日本ヒーリングタッチ協会のWEBサイトへ!

healingtouch.or.jp

 

 

 

 

【無料版】 vol.47 根本 泰行「ポラック博士の『第四の水の相』(5) 」(2018/4月配信)

 

 

前回の記事では、約60兆個の細胞で構成されている私たちの身体の中の水は、そのほとんどが『第四の水の相』の水となっていることを説明いたしました。

 


 * * *

 


私たちの身体の中の水に関して、もう一点、驚天動地の考え方をここで紹介します。

 

それは、血液循環の仕組みについてです。

 

 


私たちは、心臓はポンプとして働いており、心臓の働きによって、血管の中の血液は全身を駈け巡っていると考えています。

 

これはまさに常識中の常識であると言っても良いでしょう。

 

 

 


ところが総延長10万キロ、すなわち地球二回り半の長さにも及ぶ私たちの身体の中の血管は、その99%が毛細血管で占められています。

 

毛細血管は赤血球の大きさよりも細いので、本来は円盤状の形をしている赤血球が、毛細血管の中を通過していく時には形が変形します。

 

元々血液にはさまざまな物質が溶けているために、粘性が高いのですが、さらに赤血球が変形しなければ毛細血管を通ることができないため、そこにはかなりの抵抗があるはずであり、血液を押し出すためには、相当なパワーが必要であると考えられます。

 

 

 


ロシアの科学者が計算したところ、毛細血管を含めて、血液を身体全体に循環させるためには、私たちが現在持っている心臓のパワーの100万倍のパワーを持った心臓が必要であるとのことです。

 

すなわち、現在の心臓の力だけでは、到底、血液を循環させることはできないのです。

 

 

 


ポラック博士は、血液の中の水に対して『第四の水の相』の仕組みを考えることによって、この矛盾を解決できることを示しました。

 

 


ポラック博士は、毛細血管に似せたものとして、親水性であり、かつ透明なプラスティックの素材でできたチューブを用意しました

 

このチューブを水の入ったビーカーの中に沈めます。

 

この時、水の動きを顕微鏡で見ることができるようにするために、ラテックスで出来た微粒子をあらかじめたくさん水の中に入れておきました。

 

 

 

次回は、この実験の結果、顕微鏡で何が観察されたのか、また、そこから導き出される興味深い仮説についてもお話しします。

 

 

 ========================================

 

根本 泰行(ねもと やすゆき)

 

合同会社オフィス・マサル・エモト代表。東京大学理学系研究科修了(理学博士)。
水が情報を記憶することを「結晶写真」という目に見える形で示した故・江本勝会長の著書『水からの伝言』と、故ジャック・ベンベニスト博士/ジェラルド・ポラック博士/リュック・モンタニエ博士などによって提案されている水に関する新しい科学的な理論との関係について、一般の人にも分かり易い形での講演を行ってきている。

 

合同会社オフィス・マサル・エモト
http://www.masaru-emoto.net/jp/

 

 

∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞


さらに深く学びたい方は
有料版「エネルギー医学の最前線」メルマガがオススメです
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com


∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞


有料版バックナンバー配信はこちら
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com


∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞

【無料版】 vol.46 戸田 美紀「エネルギーリーク! 」(2018/4月配信)

 

 

私たちの身体の内外に広がっている

エネルギーフィールド。

 


通常の視覚では、見ることが難しいですが、

少し練習すれば、手で感知できるようになります。

 

 

 

このエネルギーフィールドは、

肉体や感情などの状態を反映して、

実に様々な表情を見せます。

 

 

 

そのひとつが、エネルギーリークです。

 


リークは、「漏れ」を意味する英語ですが、

文字通り、エネルギーが漏れている状態です。

 

 

 

ヒーリングタッチでは、

テクニックによる介入に入る前に、

アセスメントというエネルギーチェックを

手で行います。

 


体から10cm、15cmくらい離れたフィールドに

手の平を体側に向けて、手をかざすように置き、

止まらずにゆっくりと手を動かしチェックします。

 

 

 

このようにチェックしている時、

エネルギーリークがあるところは、

涼しい風が吹いているように感じられます。

 


体から垂直に、フィールドに向け、

風が吹き出している感じです。

 

 

 

そう頻繁にあるものではないのですが、

大きな手術をした箇所、

強い打撲をした箇所、

継続的に痛みを感じている箇所

などが、肉体的に治癒していても、

エネルギーフィールドの亀裂が

修復できていない場合があります。

 


そのような箇所にエネルギーリークができます。

 

 

 

エネルギーリークの兆候のひとつは、

肉体の外傷が治癒した後も

疲労感が強い、すぐに疲れる、

という状態です。

 


そんな時は、その箇所の上、

数cm離れたフィールドに

手をかざしてみてください。

 


エネルギーリークが見つかるかもしれません。

 

 

 

 


ヒーリングタッチでは、

シーリングというテクニックを使って、

エネルギーリークを塞ぎます。

ヒーリングタッチ・ベーシックで学ぶテクニックです。

 

 

 

疲れやすかったり、慢性疲労の方で、

過去に大きな外傷や手術の経験ある方は、

エネルギーリークを疑ってみてもよいかもしれません。

 


エネルギーリークがあれば、

それを塞ぐだけで、

元気がかなり回復することでしょう。

 

 

 


 * * *

 


2018年ヒーリングタッチ・コースワーク

ベーシック       7月28日(土)~29日(日)

アドバンスI     9月29日(土)~30日(日)

アドバンスII     11月17日(土)~18日(日)

プラクティショナーII 11月22日(木)~25日(日)

 


詳細は、NPO法人日本ヒーリングタッチ協会WEBサイトへ!

http://healingtouch.or.jp/workshop/ws-schedule/

 

 

========================================

 

戸田 美紀(とだ みき)

 

HTI認定ヒーリングタッチ・プラクティショナー/インストラクター(CHTP/I)。環境学博士。NPO法人日本ヒーリングタッチ協会会長。植物療法・エネルギー療法を実践、講義。「エネルギー医学基礎・中級講座」を企画、講義。南米ペルーアマゾンにおける現代医療と薬用植物の利用について研究。自然環境やハートが与える健康・変容への影響を探究しながら、ヒーリングタッチ、ホリスティックヘルス・ケア、エネルギー療法の普及に努める。

 

NPO法人日本ヒーリングタッチ協会
http://healingtouch.or.jp/

 

 

 

∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞


さらに深く学びたい方は
有料版「エネルギー医学の最前線」メルマガがオススメです
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com

 

∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞


有料版バックナンバー配信はこちら
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com

 

∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞

【無料版】 vol.45 寺岡 里紗「なんでそんなこと知ってるの?TimeWaverさん!! 」(2018/4月配信)

 

 

TimeWaverを扱っていると、ついついこの言葉が出てきてしまいます。

お天道様はなんでもお見通し、と昔は思ってたけど今はTimeWaverはなんでもお見通しと考え始めています。

 

 

TimeWaverのセッションではエネルギーの階層を12次元構造で捉えることで、被験者に関わる全てのエネルギーを観察します。


それは物質レベルとしての肉体から一番高い階層レベルであるスピリチュアルレベルまで必要に応じて分析します。

 

健康はもちろん、両親を含む人間関係、土地や住宅、そして先祖や場合によったら胎児期や前世などに遡ることもあります。

 

 

例えば「体の不調の原因は家の東北部の角からの日光の光が遮られていることによる家のエネルギーの滞り」との分析結果。 確かめると確かに窓が塞がれている。。。

それを改善すると体調がよくなる。

 

ビジネスについての分析なのに「今すぐお父さんに連絡をとったほうが良い」と出てくる。その方のご両親は離婚しており父親の連絡先は知らない。半年後に親戚から父親が亡くなった知らせをうけ、時期を聞くとちょうどその時期だった。

 

「恋人が行方不明になったが、どうやったら会えるか」には「5日以内に連絡がある」と結果がでて5日後にメールが届く。

 

子供ができない夫婦にその理由を確かめると、父方の2世代前のおじいちゃんが当時の小作人にひどい虐待をしたからだ」と因縁めいた答えが返ってくる。

 

 

 

といっても、全ての答えをだすわけでもなく、いきなり「その答えは知らない方が良い」とくる。答えは「神のみぞ知る」とでもいいたいのか。。。

 

そうなると、神さえも情報ではないだろうかと、最近変なパラドックスに入っている今日この頃。

 

 

  * * * 

 


そんなTimeWaverシステムのセミナーを開催します。

 

上記のような内容がメインではなく、TimeWaverはドイツでは多くの医師がヘルスケアを目的とした統合医療のツールとして使っている非常に優れた専門用語でいうとダイナミック・ノンリニアシステムですのでお間違えないように!

セミナーの目的も統合医療の関わる治療家か、それを目指す人を対象にTimeWaverシステムの理論的背景やその目的などを説明したいと思います。

 

本来は4回連続セミナーですが単発申し込みも可能です。

当日はデモなどもしてみたいと思いますので、ご興味のある方はこの機会にご参加ください。


4回講座に関する詳細は↓↓↓↓

URL: http://holistichealthinfo.web.fc2.com/201803_sekainoenerugiigaku.pdf


 

 

「世界のエネルギー医学、情報医療」4回講座

第1回:3月29日(木)*終了
●米国人医師Dr.Carolineの「レゾナンス、周波数」

以前のメルマガで紹介しました、Dr.キャロリンが治療を通して見つけた、劇的に調整が早い特殊な周波数と彼女自身が開発したユニークな治療方法を紹介します。

 周波数治療のデバイスに興味のある方は、最新の周波数治療の「今」がわかりますよ!


第2回:4月19日(木)
●ドイツ生まれの「タイム・ウェーバー」システム
 エネルギー測定デバイスの中でもエネルギーの階層を12次元としてとらえ、エネルギーレベルと情報レベル、そしてスピリチュアルレベルという広範囲にエネルギーを測定できるTimeWave社の測定器についての特徴と実際のデモもする予定です。

現在、過去、未来を自由に行き来するこのシステムは、時間の概念が消え、量子フィールドに1つの世界を構築します。それにより、自由自在に情報にアクセスできるシステムです。


第3回:5月17日(木)
●古代の宝石光線セラピーからの「セラジェム」
 宝石のエネルギーは、光をボディーに届け、バイオフォトンのエネルギーをアップすると言われています。古代エジプトでの治療は全て宝石で行われていたという文献も残っており、宝石の力はパワーストンに比べ強力です。「セラジェム」はその古代から伝わる宝石のパワーを現代のテクノロジーで増幅させることで、ヒーリングパワーを大幅にアップさせることに成功しました。

細胞のエネルギーとボディから放射されるオーラの輝きのアップするメカニズムと主な宝石の効能を実際のデバイスをお見せしながら説明します。

 

第4回:6月19日(木)
●英国生まれの「NES HEALTHシステム」

 NESシステムとは、ヒューマン・ボディー・フィールドと呼ばれる固有のエネルギーシステムを包括的にスキャンするシステムです。たった15秒でスキャンできるシンプルでありながら、ホリスティックに心身のバランスを取るための優先度をみることで、本来あるべき個々人のバランス能力をアップするべく、ボディー、マインド、スピリットに働きかけるシステムの背景にある理論と技術についての説明をします。

 

4回講座に関する詳細は↓↓↓↓

URL: http://holistichealthinfo.web.fc2.com/201803_sekainoenerugiigaku.pdf

 

是非、ご一緒にエネルギー医学について学びを深めて行きましょう!

 

 

 

●月刊雑誌 『ANEMONE(アネモネ)』の5月号に、連続講座3回目にセミナー予定の英国製のTheragem宝石光線療法が特集されます!!。

4月9日発売です。

私のインタビューも載ってますので宝石光線療法にご興味のある方はお読みください。


※宝石光線療法のご予約は↓↓

http://infotherapy.jp/gem-therapy.html 

 

 

========================================

 

寺岡 里紗(てらおか りさ)

 

NES公認トレーナー、NESセラピープラクティショナー

次世代の医療、ヘルスケア、ヒーリングなどあらゆる領域の基本概念となる「エネルギーと情報」をベースとした「インフォメーショナル・メディスン(情報医学)」を日本に初めて紹介し、その啓蒙活動を展開中。
また、ボディ、マインド、スピリットをホリスティックに分析するシステムを使ったNESラピーのトレーナー及びプラクティショナーとしてその普及と教育にも従事する。

 

NES HEALTH JAPAN
http://landing.neshealth.jp/ 

 

 

 

∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞・・・∞


さらに深く学びたい方は
有料版「エネルギー医学の最前線」メルマガがオススメです
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com

 

 


有料版バックナンバー配信はこちら
  ↓  ↓

energymedicine-magazine.jimdo.com