エネルギー医学の最前線

エネルギーの医学の専門家の目線で、ホリスティックにいのちと暮らしについて綴ります。https://energymedicine-magazine.jimdo.com

降矢 英成

【無料版】 vol.65 「クリスティン・ペイジ先生とのコラボ企画」降矢 英成(2018/9月配信)

7月の「エネルギー医学フォーラム」は、2日間にわたって大変盛況でした。 天外氏の「無分別智医療」、矢山氏の「バイオレゾナンス医学・ ゼロサーチ」、根本氏の「水とエネルギー」 の興味深いレクチャーや、 翌日のケイシー療法についての映画とトークセッ…

【無料版】 vol.57 降矢 英成「エネルギー医学関連のおすすめ講座」(2018/7月配信)

7月7~8日には、私ども「エネルギー医学の最前線」 メルマガチームが中心となって実施する「 エネルギー医学フォーラム」が行われます。 そして、8月5日には、「感情と器官」の関連性にフォーカスし、 さらにはそこに「エネルギー/情報」 の視点をクロスさ…

【無料版】 vol.48 降矢 英成「「エネルギー医学フォーラム」開催します!」(2018/5月配信)

今年も、昨年に続きまして、 日本ホリスティック医学協会関東フォーラム委員会では、「 エネルギー医学フォーラム」を開催します。 そして、企画を中心として担うのが、今年はこの「メルマガ・ エネルギー医学の最前線」運営メンバーなのです。 初日の7/7…

【無料版】 vol.39 降矢 英成 「エネルギー医学あれこれ」(2018/3月配信)

ひとくちに「エネルギー医学」と言いますが、 その種類や内容は大変多岐にわたります。 手を用いた「ハンズ・オン」といわれるもの、 ホメオパシーやフラワーエッセンスなど「エッセンス」や「 レメディ」などを用いるもの、 そして、「デバイス」 と呼ばれ…

【無料版】 vol.31 降矢 英成「新年明けましておめでとうございます」(2018/1月配信)

新年明けましておめでとうございます。 昨年は、 「エネルギー医学」という観点では、 日本ホリスティック医学協会の 「スピリチュアリティ&エネルギー医学(通称:スピエネット)」 という活動を中心として、 追究ができた年でした。 昨年は その活動の一…

【有料版】vol.139 降矢 英成 -35-「エネルギー医学の原理 その科学的根拠』解説(その5 生体磁気を活用した治療法)」(2017/11月配信)

■35.『エネルギー医学の原理 その科学的根拠』解説(その5 生体磁気を活用した治療法) 今まで、生体のエネルギーの伝達の媒体を「生体マトリックス」という総称でとらえて紹介してきました。 具体的には、細胞の外では膠原線維や弾性線維などのタンパク質…

【無料版】 vol.23 降矢 英成「11月のエネルギー医学イベントのご紹介」(2017/11月配信)

※すでに終了しています さて、今日は、 11月25~26日に、 エネルギー医学を学ぶのに 役立つ催しがありますので、 ご紹介したいと思います。 日本統合医療学会と 日本ホリスティック医学協会が 合同で開催する大会で、 (会場:東京有明医療大学) いくつもの…

【有料版】vol.135 降矢 英成 -34-「『エネルギー医学の原理 その科学的根拠』解説(その4 固層生化学)」(2017/10月配信)

さて、前回は、生体であっても、電気や電子が流れる ~つまり、生体は伝導体的な性質を持つのだという知見を確認しました。 しかし、現在の医学においては、そのような知見はあまり紹介されていないわけですが、その理由はベースになる生物学、細胞学が物質…

【無料版】 vol.18 「第21回日本統合医療学会 のお知らせ」(2017/9月配信)

※イベントは終了しています 今日は、第21回日本統合医療学会のお知らせです。 <患者中心の医療>をテーマに、2017/11/25(土)、26(日)の二日間行われます。 http://jointconference2017.net/ 今回は20周年記念ということで、<日本統合医療学会・日本ホ…

【無料版】 vol.5 降矢 英成「皆さま、こんにちわ。」(2017/7月配信)

皆さま、こんにちわ。 降矢英成(ふるやえいせい)と申します。 私は、東京・赤坂溜池クリニックにて 心療内科医を生業として従事しております。 とともに、幸運なことに NPO法人日本ホリスティック医学協会の設立に、 医学生の時に関わらせていただき、 今…

【有料版】vol.131 降矢英成 -33-「『エネルギー医学の原理 その科学的根拠』解説 ~その3」(2017/9月)

■33.『エネルギー医学の原理 その科学的根拠』解説 ~その3 生体の「電気回路」 さて、前回は「エネルギー医学のパイオニア」とも称されるハロルド・サクストン・バー博士の業績をご紹介しましたが、バーはガンなどの病気になると、「細胞に電気的な変化が…

神経系の「自己治癒力」を引き出す」連続講座

ソマティックについて、もうひとつ。 ソマティック心理学の視点から、種々のボディワークを見渡してみますと、心との関連が深いタイプのものがあり、それは「ソマティクス」とも呼ばれています。 その中でも、「ロルフィング」という生化学者のロルフが開発…

「ソマティック心理学の概要と最前線」連続講座

こんにちは、降矢です。 私自身は、心療内科を専門としていますので、マインドを中心として診療を行なっていますが、それでも「心身」とありますように、「マインド」から「ボディ」に影響している症状・病気についてを扱っています。 医学領域では「心身医…

ご挨拶 〜降矢 英成〜

このたび、私どもは「メルマガ『エネルギー医学の最前線』」を2年間継続してまいりましたが、より一層この領域の発展を願い、活動を拡大させていただくことになりました。 その中で、中心で運営を担いますのは、エネルギー医学の原点ともいわれるアリス・ベ…

こんにちは、「エネルギー医学の最前線」のブログです

こんにちは、「エネルギー医学の最前線」のブログです。 3年前に創刊した有料メルマガ「エネルギー医学の最前線」も、おかげさまでたくさんの読者のみなさまに支えられ、無事に100号を超えることができました。 本当にどうもありがとうございます。 この3年…

【有料版】vol.91「エネルギー医学・量子医学の鍵・その2 ─「意識」」降矢 英成 -23- (2016/11月)

さて、前回は、エネルギー医学・量子医学を理解するためのひとつめの“鍵”として「コヒーレント」についてを、この領域の代表的な3つの書籍の記述から学んでみました。今回は、ふたつめの鍵として「意識」をキーワードに学んでいきましょう。普段、あまり意識…

【有料版】vol.87 降矢 英成 -22- 「エネルギー医学・量子医学の鍵 ─コヒーレントとは」(2016/10月)

今まで、エネルギー医学の学術的な原理を追究してきましたが、科学的な原理という視点に立った際にまず遭遇するのが「コヒーレント」というキーワードではないかと思います。今回は、この重要な「コヒーレント」について、検討してみたいと思います。 そして…

【有料版】vol.83 降矢 英成 -21- 「生命・生物が量子現象を起こしているメカニズムは」(2016/9月)

さて、いよいよ今回は、「生命はどのようにして、細胞の中の温かく湿った生体分子の海の中で量子コヒーレント状態を維持しているのだろうか?」という根本的な問題に迫っていきましょう。 「コヒーレント」な状態を「維持する」ために、物理学の世界では通常…

【有料版】vol.79 降矢 英成 -20- 「「生命の起源」には、量子現象が必要!?」(2016/8月)

さて、今回は、いよいよ「生命の起源」という遠大な問題と量子力学の関係性についてを検討してみたいと思います。皆様は、「生命の起源」という問題について、どのくらい親近感がおありでしょうか。科学・物理学の三つの謎といわれる、残りの二つの「宇宙の…

【有料版】vol.75 降矢 英成  -19- 「「心・意識」にも量子メカニズムが関わっている!?」(2016/7月)

さて、今まで何となく不可思議だと感じるさまざまな生物現象 -酵素のスーパーマン的な働き、嗅覚のメカニズム、鳥や蝶の渡り現象、遺伝子の変異など- は、量子メカニズムが関与していたからこそ生じる現象だったことを見てきました。 物理学の3大テーマと…

【有料版】vol.71 降矢 英成 -18- 「鳥や蝶の越冬、渡りも量子メカニズムだった」(2016/6月)

さて、今回は、動物の中でも、空を飛んで移動するタイプの鳥や蝶が必ず正しい場所へ越冬する、「渡り」という現象のメカニズムを取り上げたいと思います。実は、この越冬、渡りの代表としてよく取り上られてきたのが、コマドリだそうです。そして、今では「…

【有料版】vol.67 降矢 英成 -17- 「「遺伝子」にも量子のメカニズムが関わっている!?」(2016/5月)

さて、生物における種々の現象(酵素の触媒作用、匂いのメカニズムなど)に、どのように量子の性質が関わっているのかをみてきていますが、いよいよ今回は「遺伝子」を取り上げたいと思います。 「遺伝子は重要である」ことは多くの方が認識していますが、ま…

【有料版】vol.63 降矢 英成 -16- 「匂い、アロマセラピーも量子力学が関与している!?」(2016/4月)

さて、前回は、体内の最大の神秘ともいえる「酵素」の働きに、量子力学のメカニズムが関わっていることをみてきました。「酵素」のようなスペシャルな機能があるものについては、古典的なメカニズムだけでは無理で、何か常識を超えた「量子力学」のような働…

【有料版】vol.59 降矢 英成 -15- 「生命のエンジン ~酵素の働きと量子力学」(2016/3月)

さて、いよいよ、生物において量子力学の現象が起っている「量子生物学」の実際をみていくことにしましょう。 まず、最初は、「触媒作用」といわれる働きで、体内の化学反応を驚くべくスピードで処理し、別名”生命のエンジン”ともいわれる「酵素」の働きと量…

【有料版】vol.55 降矢 英成 -14- 「シュレディンガーによる生命・生物への量子力学」(2016/2月)

【物理学者が禁断の「生命・生物」の世界へ!】 なぜ、我々は、きわめて原始的な微生物であっても毎秒何兆回も難なくおこなっている、生命・生物の種々の営みの作用をいまだに科学の力で行なえないのでしょうか? 実験室で実現できているのは、特別に整えた…

【有料版】vol.51 降矢 英成 -13- 「量子生物学の進展 ~生物の不思議と量子の不思議」(2016/1月)

さて、今まで「エネルギー医学の原理、メカニズム」を追究していくための基盤として、「量子論、量子物理学(量子力学)」の視点を柱として歩んできました。 いよいよ今回から、まず「人間は生物である」という基本に返って、物理学の世界において量子論・量…

【有料版】vol.47 降矢 英成 -12- 「量子生物学の入り口 ~生体光子(バイオフォトン) 」(2015/12月)

さて、エネルギー医学のメカニズムを医学的に理解していくためには、量子物理学が基盤になっているという視点で今まで見てきましたが、それには、物理学だけではなく、生命・生物として量子論が適応できるという、さらなる基盤、根拠が欲しいところです。 第…

【有料版】vol.43 降矢 英成 -11- 「 エネルギー医学の基盤となる「量子生物学」 ~ブルース・リプトン『思考のすごい力』より 」(2015/11月)

前回まで、生体において「エネルギーの伝達経路」に関するさまざまな研究を概観してきましたが、その理論的根拠として多くの研究で「量子論」「量子物理学」が基盤となっていました。しかし、生体についての検討には、やはり物理学だけでなく、「生物学」や…

【有料版】vol.39 降矢 英成 -10- 「身体におけるエネルギー医学のメカニズム ~その5 生体の結晶構造 」(2015/10月)

「エネルギー医学」という医学観が成り立つには、身体に“エネルギーの通路、伝達経路”となる構造が必要になるわけですが、その一つとして「生体マトリックス」という結合組織や微小管を中心とした構造があることを今まで見てきました。 それでは、この「エネ…

【有料版】vol.35 降矢 英成 -9- 「身体におけるエネルギー医学のメカニズム ~その4 微小管についての量子論的な解釈」(2015/9月)

さて、解剖学の常識からは、「細胞骨格」という地味な位置づけになっている「微小管」が、エネルギー・情報の伝達経路という視点からは注目されていることを見てきましたが、日本の研究者の中にも素晴らしい取り組みをされている方々がいます。【「量子論」…