エネルギー医学の最前線

エネルギーの医学の専門家の目線で、ホリスティックにいのちと暮らしについて綴ります。https://energymedicine-magazine.jimdo.com

意識

【無料版】vol.100 「意識」溝口 あゆか(2019年5月配信)

フロイトが潜在意識の存在を発見したことは有名ですが、権威ある精神科医や心理学者さんの話、または心理カウンセラーさんの話を聞いていても、潜在意識がほぼノーマークになっている印象を受けます。つまり、クライアントさんが話す言葉から始まり、話す言…

【無料版】vol.98 「直観皮膚科」渡辺 奈津(2019年4月配信)

私の名刺の肩書きのところに「直観皮膚科」と小さく書いてあるので、「それはなんですか?」と聞かれることがあります。 「直観」は「直感」とは違います。 「直感」のほうは、世間で「勘」とか「ビビっときた!」と言われるもので、これも重要なものだと思…

【無料版】vol.92「修証一等の療法」伊東充隆(2019年3月配信)

日本における禅の曹洞宗の開祖、道元禅師が残している教えの中に、次の言葉があります。 修証一等 これは、禅の修行僧達が悟りを得るために座禅をするという心の態度に対して警鐘を鳴らしたものです。悟りという目的を達するための手段、方法として座禅をす…

【無料版】vol.91「思い」「感情」「体」を同時にワークするEFT 溝口あゆか(2019年3月配信)

“私”という個人を構成している要素は、「思い」「感情」「体」の三つですね。 このうちのどれ一つが欠けても、個である“私”は成り立ちません。 つまり、私たちはこの「思い」「感情」「体」の三位一体の存在です。なんかあまりに明白なことを書いていると思…

【無料版】vol.89「一元性」と治癒 渡辺奈津(2019年2月配信)

我々は「二元性」の世界に生きています。「黒」か「白」、「正しい」か「間違っている」、「病気」か「健康」といった具合に。 「いや、私はそんな『判断めいたことは一切しません』」と言われる方も多いでしょうが、言語を使って生きている限り、言語を使わ…

【無料版】vol.84 「物事はそもそもシンプルであるという信条」伊東充隆(2019年1月配信)

エリヤフ・ゴールドラット。彼は、もともとは物理学者であったが、企業・組織の生産管理の手法である制約理論(TOC)を生み出し、世界的な経営コンサルタントとして活躍された。制約理論の根幹になる信条は以下の三つである。 1. 物事は、そもそもシンプルで…

【無料版】 vol.76 「何事も個人的に受け取らない勧め」伊東 充隆(2018/11月配信)

「全体ならば光に満たされるが、バラバラならば闇に満たされるであろう。」 という知恵があります。 この知恵をエネルギー医学的に応用してみると、全く新しい視点が生まれてくる可能性があります。身体を物質的、固体的な視点で見るならば、これは明らかに…

【無料版】 vol.73 「病気と生き方研究会」はじめました! 渡辺 奈津(2018/10月配信)

ずっと「病気とは何?」「生きるって何?」「治療って何?」って考えてきました。 私は医者ですが、その枠を超えて本当の答えが欲しいと思ってきましたし、今も研究の途中です。そのようなことを御互いシェアしたり、勉強会をしたりしています。トランスフォ…

【無料版】 vol.67 「テロメアと慢性ストレス」伊東 充隆(2018/9月配信)

靴紐が先端から解けてしまわないように、先端にキャップがしてある。これと同じように、我々の大事なDNAの中身を守ってくれる構造が、染色体の両先端にある。テロメアと呼ばれているこの構造は、6個の塩基配列「TTAGGG」のリピートで出来ている。テロメアは…

【無料版】 vol.59 伊東 充隆「災難をのがるる妙法」(2018/7月配信)

今年は地震や大雨をはじめ大小様々な災害が起きています。 災害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。 「災難に遭う時節には災難に遭うがよく候、死ぬ時節には死ぬがよく候、 是はこれ災難をのがるる妙法にて候」 この言葉は、良寛和尚が大地震…

【無料版】 vol.50 伊東 充隆「ただ相対的な見方をやめればよい」(2018/5月配信)

禅を学ぶ時の代表的な教科書の一つに、中国禅の三祖である僧サン(サンは王編の中国漢字)の残した「信心銘」がある。他の禅の教科書に比べると、すごく読み易い。 読み易いからといって、初心者用という訳では決してない。 もとより禅は、知識でも学問でも…

【無料版】 vol.41 伊東 充隆 「マインドフルネスハック」(2018/3月配信)

皆さんは、心の静けさをどれほど大切にしていますか。 自分の人生における価値観の優先順位のトップ10に入っているでしょうか。 正直になって見直してみると、健康、人間関係、仕事や経済そして自己成長や趣味等々、様々なもので価値観の優先順位は埋め尽…

【無料版】 vol.33 伊東 充隆「『抗の医学』から『共生の医学』、そしてその先へ」(2018/1月配信)

20世紀の医学を 一言で表現するならば、 「抗の医学」 と言えると思います。 つまり病気と闘って来たのです。 抗生物質、抗炎症剤、抗がん剤・・・ 西洋医学の薬はほぼ全て「抗~剤」です。 特に抗生物質の発見のお陰で、 感染症による死亡率は激減しました…

【無料版】 vol.32 溝口 あゆか「はじめに意識ありき」(2018/1月配信)

「世界は物質でできている」 というのが 現代社会の基本認識でしょう。 しかし、 特に私の分野である心の問題は、 物質主義の観点では 行き詰ってしまうと 言わざるを得ません。 もし、 世界は物質ではなくて、 エネルギーの現れであると見れば、 心の問題へ…

【有料版】vol.142「エネルギーセラピーのセラピストになるということ --経営者であれ~エネルギー経営学vol.2」寺岡 里紗(2017/12月配信)

11月下旬に1週間ほど、ドイツのエネルギー医学系のデバイスのカンファレンスとトレーニングに参加してきました。 その中の登壇者の1人であるビジネス分析のトップリーダーであるクリスチャン・バンド氏による初の英語トレーニングが開催されたので(これま…

【有料版】vol.140 渡辺 奈津 -35-「ホログラム治療など」(2017/11月配信)

【ホログラム治療など】 最近いろいろトライしている治療法は、 ホログラム治療、情報ダウンロード、風水、御札(神符)治療などでしょうか。 波動医療機器も使っています。 ひとつひとつ説明してみます。 風水は耳にされている方も多いと思います。 ドクタ…

【無料版】 vol.25 矢山 利彦「密教合気道」(2017/11月配信)

はじめに、 密教とは英語でエソテリック(esoteric)、 英和辞典には、 一.難解な、深遠な 二.秘義の、奥義の、選ばれた少数者だけの 三.内輪の、秘密の とあります。 反対のエクソテリック(exoteric)は、 一.部外者にも理解できる、大衆向きの、平凡…

【有料版】vol.134 寺岡 里紗 -34-「エネルギーセラピーのセラピストになるということ -サポーター- vol.2」(2017/10月配信)

今日のテーマは前回に引き続き「サポーターを作る」です。 皆さんは「グローバル・コンシャスネス・プロジェクト」(世界意識計画)をご存知でしょうか? このメルマガで以前ご紹介しているので、ご存知の方もいると思いますが、プリンストン大学のロジャー…

【無料版】 vol.16 矢山 利彦 「空海に学ぶ意識の成長進化」(2017/9月配信)

前回は、 空海大師の「十住心論」を紹介しました。 人は自分の意識を成長進化させたいと 心の奥底では願っているはずですが、 なかなかそうはいかないものです。 その原因を仏教では 煩悩と呼んでいます。 空海大師の「遊山慕仙詩」 の内容にこうあります。 …

【無料版】 vol.7 矢山 利彦「意識の成長と進化」(2017/7月配信)

人々が物質的価値観を 主として生きる時代から 精神的価値を追究する時代が 見えてきました。 これも 日本と外国とは違っています。 日本では、医師として 統合医療の臨床をする中で、 尋ねてみると20%くらいの方は 精神世界に興味を持っています。 一緒…

【有料版】vol.132 渡辺 奈津 -33-「自分でできる、身近な変容の手段」(2017/9月)

【自分でできる、身近な変容の手段】 まずは、自分でできる、身近な変容の手段について考えてみました。 外部からヒーリングを受けるとか、なんらかのエネルギー治療を受ける、またそういうものが転写、搭載された物質を摂取したり、身に着けたりする。 自分…

【有料版】vol.106「エネルギーセラピーのセラピストになるということ ー 決断 ー vol.2」寺岡里紗(2017/3月)

3月は春のエネルギーがボディ・フィールドにも反応し始める季節です。私たちのエネルギーは、天体、季節、昼と夜など、常に自然にサイクルに影響を受けています。春の陽気といいますが、言葉のとおり春は陽の氣エネルギーが活発になる季節です。冬は、体自体…

【有料版】vol.104「映画におけるエネルギー医学」渡辺 奈津 (2017/2月)

「バック・トゥー・ザ・フューチャー」や、ほか多数映画で、未来、現在、過去がつながったり、自由に行き来できたり・・・ヒーローもの映画でもそのような表現のものが昔からありましたが、最近は 幻想とか夢物語としてのお話ではなく、かなりリアルな次元で…

【有料版】vol.103「奥博士による「意識」のとらえ方」降矢 英成 (2017/2月配信)

さて、前回より、奥健夫博士の『意識情報エネルギー医学』(エンタプライズ刊)から重要なテーマを学んでいますが、今回は「意識」という重要なテーマについて、奥博士がどのようにとらえていらっしゃるのかをみていきたいと思います。まず、奥博士は、「意…

【有料版】vol.102「エネルギーセラピーのセラピストになるということ ー決断ー vol.1」寺岡里紗 (2017/2月配信)

トランプ氏が米国大統領に就任し、英国がブレクジットでEU離脱に動き出す2017年。世界的にはどんな年となるのでしょうか?グローバル経済から保守的な内向きのエネルギーのベクトルが向かう先はどこなのでしょうか?日本人の多くは、海外の動向について無頓…

【有料版】vol.100「密教治療について」 渡辺 奈津 (2017/1月)

弘法大師空海の言葉に、『四大の不調を治すには医者に見せて薬を呑むのが一番よい。鬼にたたられた病のときは陀羅尼(真言のこと)を唱えて祈祷するに限る、悪業による病を取り除くには、懺悔をして過去の過ちを悔い改めねば治らぬ』というものが、あります。…

【有料版】vol.96「意識というもの」渡辺 奈津(2016/12月)

「今日、我々が量子力学に見ているのは、意識の構造そのものである」とヴェルナー・ハイゼンベルクは書きました。エネルギー医学を論じ、使っていくには、この「意識」を十分理解し、使いこなすことが必要だと思っています。現在我々は「自分たちが知ってい…

【有料版】vol.92「脳は嘘をつく?」渡辺 奈津 -23- (2016/11月)

先日とある治療法研究会でデモンストレーションの患者さんを探しておられたので、満身創痍の私は、さっそうと手をあげて、デモンストレーション患者にしていただいた次第である。「肩が痛いんですよう。こうして挙げても可動域がこれくらいでね」と、施術者…

【有料版】vol.91「エネルギー医学・量子医学の鍵・その2 ─「意識」」降矢 英成 -23- (2016/11月)

さて、前回は、エネルギー医学・量子医学を理解するためのひとつめの“鍵”として「コヒーレント」についてを、この領域の代表的な3つの書籍の記述から学んでみました。今回は、ふたつめの鍵として「意識」をキーワードに学んでいきましょう。普段、あまり意識…

【有料版】vol.72 渡辺 奈津 -18- 「エネルギー医療とは」(2016/6月)

今まで私は現代医学、または代替医療で用いられている「エネルギー医療」という範疇に入ると思われるものについて紹介してきました。もちろんまだまだたくさんあると思います。しかし、本当に大事なのは「すべてがエネルギーである」という理解なのではない…